CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
女性専用カウンセリング
  女性専用です。ご了承ください。 藤井志帆のカウンセリング受付は 7月からとなります。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
メンタルヘルス情報や活動報告、日々の徒然。
ポテトから新社会人へ祝辞
0
    シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。

    最近の企業広告は、企業の個性と思いがふんだんに盛り込んであります。
    昨日に続いて、企業メッセージをご紹介します。

    今日ご紹介するのは、マクドナルドのメッセージです。皆様おなじみのマックフライポテトから新社会人への祝辞です。




    | コミュニケーション | 09:27 | comments(0) | - |
    素敵な広告
    0
      シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。
      昨日の新聞広告に心が温かくなりました。

      ご紹介します。
      その広告は、4月8日に創立記念日を迎えた資生堂さんが、
      LOVE THE DIFFERENES.
      違いを愛そう
      と、題した広告です。






      以下広告抜粋
      もしも、世界にあなた1人しかいなかったら。
      差別や偏見はもちろん、戦争だってなくなることでしょう。
      けれど、笑い声も絶え、微笑み方も忘れ、恋する高鳴りも、きっと失われてしまうはず。
      あなたと違う、誰かがいてくれる。
      だからこそ、いろんなストーリーが生まれていく。悲しいことに、
      世界ではまだ、
      年齢、性別、国籍、文化、見た目の印象など、様々な違いを認め会えないことがあります。
      しかし、日本はいつも、異なる価値観を敬い、かけあわせて、新たな価値へと育んできました。
      この国に生まれた私たちは、違いを愛することから始めて行きます。
      多様な価値観や新しいテクノロジーによって
      美しさが進化し、世界を変えていくことを信じて。

      Beauty innvations for a better world.

      | コミュニケーション | 18:50 | comments(0) | - |
      新入社員教育
      0
        シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。
        4月に入り、様々な企業へ新規採用者向け研修に出向いています。

        新入者の方々と話をしている中で、上司や会社に求めることは何かと尋ねたところ、その答えで多かったのは、
        「認めてもらいたい」でした。

        入社後3年以内に辞める「早期離職」は組織の課題となっています。

        入社後3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職するという「七五三」現象はよく知られていますが、企業の採用増と少子化で超売り手市場のいまは、若者の早期離職にいっそう拍車がかかっているとも言われています。

        アンケートなどで離職の理由として上位にあがっているのは、
        「仕事が合わない」
        「会社の将来への不安」
        「労働条件がよくない」などです。

        実際には、周囲から認めてもらえなかった「承認」の不足が深く関わっているケースが多いように思います。

        上司や先輩が直接認めることも、新人のモチベーションにつながりますが、お客様や取引先など外部の人から認められたほうが大きな自信につながる場合があります。心ある接遇を身につけさせ、お客様から愛される社員教育も職場に根付く社員作りになると思います。



        新入社員の皆様
        その指導に当たる管理職の皆様
        また周囲の同僚の皆様
        体調に気をつけてお仕事してくださいませ。

        | コミュニケーション | 14:54 | comments(0) | - |
        ハラスメント研修に思う  男女の心のすれ違い 
        0

          こんにちは、シニア産業カウンセラー、植物療法士の藤井志帆ですにじ

           

          連日の暑さの中、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

          最近、ハラスメント研修の依頼が多く、様々な職場の現状をお聞きしています。

           

          ハラスメント研修を何の目的で行うのか?

           

           ・不祥事を起こさせないため

           ・一人一人の尊厳が守ら、心身共に健康な様態で働ける環境づくりのため

           

          上記の2つでは、誰の視点で誰のために研修を行うかを考えると少しニュアンスが違うような気もします。

           

          もちろん、企業や組織の成長を考えるとイメージを害さないための研修も必要だと思います。

           

          が・・・

           

          まずは、他人を思いやれる(人権侵害)を起こさないための研修を行い、快適な職場環境づくりができれば不祥事も減少するのではないか?と考えます。

           

          同じ職場で働く仲間が、

          個人の価値観の違いやハラスメントの正しい理解がないばかりに、不幸にしてハラスメントを真ん中に、加害者と被害者に分かれてしまいます。

           

          育った環境、今までの経験値、性別、年齢などが違えば、心のすれ違いが起きてしまいます。

           

          そこで今日は、なぜ心はすれ違うのか?「男女の心の違い」についてお話します。

           

          性別といっても日本では、ほぼ2種類にわけられますが、アメリカのフェイスブックの性別の設定は50種類ほどあるそうです。

          話はそれましたが・・・

          今日は、2種類の性別(男女)の思考の違いについてお話ししましょう。

           

           

           

           

          男性と女性の特徴

          男性脳

          女性脳

          一つのことに集中する

          複数のことを同時に進行出来る

          左脳を使って話す
          ⇒要件を端的に論理的に話す

          右脳と左脳の両方を使って話す
          ⇒次々と話を展開させることが出来る

          空間把握能力が高い
          ⇒車の運転が得意、地図が読める

          空間把握能力が低い
          ⇒運転が苦手、地図が読めない

          車や電車のような動くものが好き

          動くものに特に興味なし

          攻撃的、活発、積極的

          調和的、大人しい、感情的

          他人の感情に鈍感

          他人の感情に敏感

          人の話を聞かない

          細かいことまで覚えている

          咄嗟の判断や行動が出来る

          直感で物事を判断する

          行きつけのお店を作る

          流行のお店に出向く

           

          特徴は、あくまでも傾向なので、その点はご理解ください。

           

          このような男女で特徴があるのは、昔の生き方が関係していると言われています。

          狩りをしなければならない男性は、獲物との距離感を正確に把握し、良い猟場までの道を正確に覚えておく必要がありましたし、

          女性は子供を育てて守らなければならないので、コミュニケーション能力を必要としました。

           

          男女が喧嘩をすると、

          女性は、「前にもこんなことあったよね〜」

          男性は、「それは今の喧嘩に関係ないだろ!」

          と、いった会話があるのも男女の脳の特徴の違いで起こることなんですね。

           

          もともと脳の特徴が違いを理解しておくとお互い少しは寛大な心になれるかもしれません。

           

           

          ちなみに、薬指が人差し指より長いと「男性脳」人差し指が薬指より長いと「女性脳」と言われますが、これは胎内にいるときに浴びた男性ホルモンの量によって、人差し指と薬指の長さが変わるという研究結果をイギリスの心理学者が発表したものらしいです。

           

          みなさんは、どっち脳ですか? ちなみに、わたしはほぼ同じ長さでした汗 両方脳?

           

          弊社ガトウリアは、ハラスメントのない快適な職場環境づくりをお手伝いいたします。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | コミュニケーション | 11:16 | comments(1) | - |
          プチ心理学 ホーソン効果
          0

            こんにちは

            シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。

            職場で苦手な人はいませんか?

            また、特別話したことはないけど、何か気になる話してみたい人いませんか?

            職場様々な価値観の方々が集まっていますね。

            気が合わない、苦手な人とも職場ではコミュニケーションをとらなければならない。

            それがストレスの方も多いのでは・・・

            そこでプチ心理学

            人間関係を円滑にするには、ホーソン効果がお勧めです。

            「ホーソン効果」のホーソンという名前は、アメリカのシカゴ郊外にあるホーソン工場で行われた実験からつけられています。

            この実験とは

            従業員を褒めることによって、その生産性が上がるか否かを研究したものです。

            褒められた人は自分の能力以上の力を発揮するという実験結果が得られています。

            人間は、普段から他人に認められたいという承認欲求を満たすことで、心が穏やかになり実力以上の能力を発揮すると言われています。

            もし、職場の人間関係がうまくいっていないと感じるなら、ホーソン効果を使って見てはいかがでしょう。やり方は簡単!!とにかく職場で会う人のちょこっとしたことを、少しだけ大げさに褒めてください。注意点 褒めるのは少しだけ大げさにですよ。あまり大げさにするとわざとらしくなり逆効果です。あなたが褒める達人になれば、あなたに会う人は少しずつあなたと接するのが楽しみになります。なぜなら、相手の承認欲求、自己顕示欲が満たされあなたと話すことで楽しくなり、あなたに嫌われたくないと思うようになります。

            人と接する時は、マイナスな言動より、プラスの言動が良いですよね

            人間関係に悩んでいる方は、試してみてはいかがでしょう。

            | コミュニケーション | 10:56 | comments(1) | - |