CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
女性専用カウンセリング
  女性専用です。ご了承ください。 藤井志帆のカウンセリング受付は 7月からとなります。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
メンタルヘルス情報や活動報告、日々の徒然。
<< プチ心理学 ホーソン効果 | main | オリーブの実 >>
採用9年目職員研修 「メンタルヘルス」 転職前に考えておくべき大切なこと
0

    お疲れ様です。

    シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。

    本日、鹿児島市役所にて、「採用9年目研修」で、メンタルヘルスについて講義をしてきました。

    今回の研修も、積極的に参加して頂きありがとうございました。

    職員の皆様、いつもお気遣い有難うございます。

    弊社ガトウリアでは公務員の方々のご相談をお受け致しております。中でも次の6つの相談内容が多いです。

    ・仕事に生きがいを感じない

    ・企業対企業(BtoB)の仕事に魅力を感じるから転職したい

    ・より多く稼ぎたいから転職したい

    ・公務員批判がひどいから辞めたい

    ・感謝される仕事がしたい

    ・人間関係が難しい

    先日も以下のような相談がありました。

    (個人の了解を得て一部内容を変えて掲載しています)

    今の仕事はやりたいこともさせてもらえず、モチベーションが上がらないんです。人間関係にも悩み、まったく今の仕事に全く興味が沸かなくなってしまいました。そのせいで同期とはどんどん差がついていき益々落ち込みます。仕事にもっと生きがいがほしいです。

    もともと公務員を志望していたわけでなく、たまたま運よく合格しましたが、今のままでこれから30年以上このような不満を抱えてやっていくべきなのでしょうか?公務員を辞めても、これ以上いい職が今の時代あるわけが無いと家族や親戚は言います。今のまま残り30年ちょっと我慢し続ければ最低限の安定は得られます。お金の心配はしなくて済むかもしれません。でも、もう今の仕事を続けるのは限界です。これからどのように将来を考えていけばよいのでしょうか?

    これからの30年、どのような気持ちで出勤されるのか、想像したら胸が詰まるような気持ちになります。

    この相談内容を読んでいただいている方の中には、もっと厳しい現実の中で必死に働いているかたもいらっしゃるでしょう。

    また、安定した収入を得ながら何を甘いことを言っているのか!と憤りを覚える方もいらっしゃるかもしれません。

    人はそれぞれ置かれている立場や環境、価値観が違いますから一概に肯定も否定も出来ないのですが、仕事を持たれている方も、専業主婦の方やリタイヤされている方も、それぞれの立場で、自分の居場所や立ち位置が確立されていることが心身の健康につながると思います。

    弊社ガトウリアでは、辛い毎日の原因がどこにあるのか、お気持ちをお聞きしながら、自己実現できるように日々、カウンセリングやセラピー、研修でお手伝いさせていただいております。

    お悩みご相談がございましたら、弊社ガトウリアまたはボイスマルシェの電話カウンセリングをご利用ください。

    お待ちしています。

    話しは先程のご相談者のことにもどりますが・・・

    そのご相談者には、転職を考えるときに大切にして頂きたい5つのことをお伝えしました。

    皆様も参考にして頂ければと思います。

    会社はその人生のほとんどの時間を費やす場所です。それを変えるのが転職です。影響は大きいですし、現実を変える手段としては有効でしょう。しかし、転職活動はほとんどの場合、確実に成功できるものではありません。メリットだけでなく、デメリットが生じるのが普通です。可能ならば、今の仕事を続けるほうが、ほとんどの場合、確実です。転職に踏み出す前に、大切に考えておきたいことがあります。

    1.今の仕事は本当に続けられないか?

    限界だと感じているなら、転職すべきかもしれません。また、会社の先行きが思わしくない、という場合は仕方ないと思います。「このまま今の会社を続けるメリットとデメリット」「転職した場合」を比較して、しっかり考えてください。

    ※例えば、「今の収入が今後しばらく続く」「業務を続けるのに問題がない」などがあります。転職活動をした場合に、必ず今より良くなるという保証はありません。

    2.変えたいのは仕事内容か、会社か?

    これはどちらなのかを意識することで、次の「会社を探す」活動が違ってきます。

    仕事内容を変えたいというのは、会社は別に同じでもいいが、挑戦したい「職種」があって、今の会社にいたのでは、その職に就けないということです。

    会社を変えたいというのは、同じ「職種」で、違う会社を探すということです。この場合、同じ業界で転職するということも可能かと思いますので、事情がわかっている分、比較的やりやすいでしょう。

    3.自分の理想は何か、理想の中で絶対なものは何か?

    理想と現実、という言葉がありますが、とりあえず、理想を考えてみましょう。

    普段の日常つまり現実からいったん離れてみて、理想を考えてみることで、自分の本当に望んでいたことがわかると思います。理想をそのままかなえられるわけではないですが、転職した後に、やっぱり何か違った、ということがないように、自分の気持ちに向き合うことは大切です。

    理想については、いくつかの要素があると思います。

    例えば、給与、休日、労働時間、職種、仕事内容、待遇、会社、職場環境、同僚、上司、部下、人間関係.・・・その中で優先順位をつけましょう。

    絶対にはずせない、そして今回の転職でかなえたいものは何か?

    4.自分の経歴、能力、経験で、それが可能か?

    いったん現実にもどって、経歴や能力、いままでの経験を照らし合わせて、理想の状況や、理想の会社、理想の職種につけるかどうか、考えましょう。無理だと思ってしまうかもしれませんが、考えるべきは、無理かどうかではありません。何がどれぐらい違うのかということです。経験がないから無理なのか、能力がないから無理なのか、そして、どの程度無理なのかということです。では、今の自分が、どのような経験をすれば無理じゃなくなるのか、どういう能力を上げれば、無理じゃなくなるのか、具体的に考えてください。転職は1回だけと限られたものではありません。どのようなシナリオでもあり得るのです。ぼんやりではなく、明確に、具体的に、現実的に、何をどうすれば無理じゃなくなって、理想をかなえられるのか、考えてください。

    5.生活はどうなるか。生活資金は十分か?

    転職活動は、いつ終わるかわかりません。内定をいただけるまで、永遠に続く可能性があります。

    もちろん、その間も生活をしなければなりません。仕事を続けながら転職活動する場合は、生活資金に問題ないかもしれませんが、当然、活動時間に制限が加わります。

    日々のお仕事、お疲れ様です。 今日も頑張りましょう。

    | 研修・講演に行ってきました!! | 21:49 | comments(0) | - | 昨年の記事