CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
女性専用カウンセリング
  女性専用です。ご了承ください。 藤井志帆のカウンセリング受付は 7月からとなります。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
メンタルヘルス情報や活動報告、日々の徒然。
<< マインド接遇研修 | main | 「報連相」のおひたし >>
心の病10〜20代で急増
0
    こんにちは、シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。

    寒い日が続きますね。
    風邪などひいてませんか?
    暖かくしてお過ごしくださいね。

    昨日の産経新聞電子版で気になる記事を見つけました。

    以下その記事の内容
    日本生産性本部がこのほど企業への聞き取りでまとめたメンタルヘルス調査によると、前回調査(平成26年)に比べ、心の病が10〜20代で急増していることが分かった。
    前回同様に30代、40代がそれぞれ3割超を占めているが、10〜20代も27・9%に達しており、心の病が各世代共通の課題であることが明らかになった。
    調査は企業が自社で最も心の病が多い年代を回答。
    10〜20代は前回調査では18%程度だったが、今回、10ポイント近く上昇した。「働き盛りの30代は仕事の責任が重くなる一方で管理職になれないケースも多く、『責任と権限のアンバランス』が生じている。それが10〜20代にも広がった」
    という内容

    企業研修の講師で招かれると、研修の合間に、従業員の方々の生の声を聴かせて頂くことがあります。
    「今の仕事、自分にむいているかと悩んでいる」
    「仕事をバリバリやろうとするとスタンドプレーと言われ、言われたことだけをやっているとやる気あるのか?と言われる」
    「責任に押しつぶされそうで苦しい」
    「相談出来る上司がいない」等々

    お一人お一人のお話の中に、日々のご苦労を感じます。

    労働者の心の健康を保持増進する為に、政府が27年12月から企業に導入を義務づけたストレスチェック制度の実施率は約90%と高かった印象がありますが、企業の実態をみると、集団分析結果の活用の仕方やストレスが高い従業員への面会以外のフォローはまだまだ不十分だと感じています。

    職場の現状の分析、従業員のストレス予防・対策、管理者のストレスマネジメント法(部下からの相談への対応)など、職場の心の問題でお困りの時は、弊社ガトウリアにお任せください。
    職場の実態の分析から、必要な研修をカスタマイズいたします。
    お気軽にお問い合わせください。

    | - | 10:34 | comments(0) | - |